シーレック?レーシック?て何なのさ
レーシック資料一括請求!!

錦糸眼科

屈折矯正手術14年の実績と信頼の錦糸眼科

屈折矯正手術14年の実績と信頼の錦糸眼科のイントラレーザー

レーシックイントラレーシックの違い。

レーシックはマイクロケラトームでフラップを作りますが、イントラレーシックはイントラレーザーでフラップを作ります。

マイクロケラトームのフラップは周囲の切れ込みが鋭角になっているため、不安定で、フラップのシワやずれを起こすことがあります。

イントラレーシックの切れ込みは直角であり、マンホールのフタを戻すようなものですから安定したフラップが得られます

■イントラレーザーの治療法
イントラレーザーは平面ガラスから一定の深さにおいてのみエネルギーが発揮されます。

レーザーが当たると、角膜に含まれる水分が一瞬で水蒸気に変化して1ミクロンの気泡が作られます。

バームクーヘンのような層状構造をした角膜は層に沿って剥離が起こりますのでフラップ面はマイクロケラトームよりも滑らかでレーシックに比べて非常にクリアな視界が得られます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36208185
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。